ベビーに優しい布団特集【毎日の寝返り安心してできる】

笑顔の赤ん坊

赤ちゃんの睡眠とは

赤ちゃんの手

必要なものとは

ベビー布団は、大人用や子供用を代用するのは間違いで赤ちゃん用を購入することが必要です。赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごすので体にフィットしたものを選ばなければなりません。赤ちゃんは、寝ることで成長するのでその成長を助けるような布団が必要です。それに、小さくて体力がないので重い掛け布団だと動けなくなってしまいます。動きを邪魔しない軽いものを選ぶことが必要です。敷布団は、固めのものを選ぶことが大切です。うつぶせになった時に体が沈んでしまい鼻や口が塞がれて窒息する可能性があるからです。それに、骨が柔らかいので背骨が曲がって成長してしまうこともあるからです。そのためベビー用敷き布団は、赤ちゃんの体重を支えて沈みこまないマット状になっています。

機能性を重視しよう

ベビー用の掛け布団は、軽くて暖かい羽毛を使用しているものが人気です。羽毛は空気を含み熱を逃がしません。それに吸水性がいいので汗かきの赤ちゃんの肌には最適です。また、ムレにくいのであせもなども出来にくくなります。敷布団はこまめに干すことが大切で、敷きっぱなしだと湿気を帯びカビが生えたりもするので注意が必要です。洗うと乾きが不十分だとカビの発生にもつながるので、なるべく洗わずにこまめに干しましょう。ベビー用の敷布団はしっかりしていて、マットレスのような外見ですがこれが赤ちゃんの体の成長を助けます。固めの生地なので体が沈み込まず安心して寝かせることができます。この上に防水シートとキルティングマットを重ねて使用します。