ベビーに優しい布団特集【毎日の寝返り安心してできる】

笑顔の赤ん坊

赤ちゃんの睡眠をサポート

ベッドで寝る赤ちゃん

柔らかすぎてはダメ

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を睡眠に使います。寝る子は育つということわざにもあるように、睡眠をとることで成長するのです。その大切な睡眠をサポートする布団は良質なものを選びたいものです。ベビー布団は、普段使っているものを小さなサイズにしただけだと考えるのは大間違いです。大人用の布団を縮小したものは、ベビーの体には負担になる場合もあるのです。赤ちゃんの体の成長や睡眠を妨げない布団が研究され開発、商品化されています。赤ちゃんは、骨や関節が未発達なので柔らかすぎる布団は体が沈んでしまい、背骨などがゆがんでしまうおそれがあります。それに体温調節ができず汗をとてもかくのでそれに対応した布団が必要になります。

セット購入がお得

ベビー用の掛け布団は、吸水性、通気性のいい綿毛布やタオルケットなどを使用します。カバーは全体を包むカバーリングタイプのモノを選ぶといいでしょう。汚れやすいのでこまめに交換することが必要です。敷布団は、ベビー用の固めのマットの上にキルティングマットを重ねて敷きます。おしっこや汗対策にマットの上に防水シートを重ねるのもいいでしょう、そして一番上にシーツを敷きますが、赤ちゃんの肌はとてもデリケートで傷つきやすいので注意が必要です。必ずベビー用として販売されているものを使うことが大切です。それに、一式セットになって販売されているものを購入する方が単品で買うよりお得です。単品で購入すると高くつく場合が意外と多くあります。